てぃ~えるのミニッツとガンプラ奮闘記

趣味のラジコン(ミニッツ)とガンプラについて初心者ならではの失敗や気が付いたことを中心に投稿していきます。リンク、コメントフリーですのでお気軽にご利用ください。

2021 FMG 初戦 ファイブミニッツジムカーナ視聴者グランプリ Five Mini-Z gymkhana Listener GP

2021 FMG 初戦

ファイブミニッツジムカーナ視聴者グランプリ

Five Mini-Z gymkhana Listener GP

 

とうとう、2021 FMGが開幕です!

初戦の決勝動画のプレミア公開表彰生ライブ配信が行われます。

 

■2021 FMG 初戦 決勝動画 ※プレミア公開

日時:2021/04/24(土)22:00~


www.youtube.com

 

■2021 FMG初戦 表彰生ライブ

日時:2021/04/24(土)22:30~


www.youtube.com

 

2020年の年末SPにて

TOP TIME賞と生ライブ視聴者賞をダブル受賞した身としては初戦もしっかりと参戦し、盛り上げたいと思っています。

f:id:TMY_TL-01:20210417234342j:plain

2020年 FMG

応募した方、されてない方、当日の参戦で楽しみましょ~♪

 

 

■本日のワード

そんな偽物なんかやっちゃいなよ

公開が楽しみ~♪

 

 

 

 

ラジコンランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

FRP(ガラスクロス)でボディ補強をやってみた ~FRPの素材を変更!~

FRP(ガラスクロス)でボディ補強をやってみた

FRPの素材を変更!~

 

という事で、新しいFRP(ガラスクロス)をクラさんに買って来て貰ったので、ボディ補強をやってみます。

クラさん、購入ありがとうございました。

f:id:TMY_TL-01:20210416223106j:plain

ガラスクロス

サイズがものすごく大きいので↓の通りカットしてから使います。

f:id:TMY_TL-01:20210416223124j:plain

あまりに大きいのかッとして使います。

前回やったのはコレ 

tmy-tl-01.hatenablog.com

tmy-tl-01.hatenablog.com

 

大きさのイメージです。

ミニッツの大きさくらいですね。

f:id:TMY_TL-01:20210416223139j:plain

このくらい

それを更にフロントボディに合わせてカット

f:id:TMY_TL-01:20210416223151j:plain

更にこのくらいにカットして

先日購入した液状の瞬間接着剤を使って流し込みます。

f:id:TMY_TL-01:20210416223218j:plain

リキッド系の瞬間接着剤

アルテコ使って速攻で硬化させて、ハサミとカッターでカットしました。

f:id:TMY_TL-01:20210416223235j:plain

固まったらボディに合わせてカットします

んで、ヤスリ掛けをして痛くない様にすることと

NSB19の口金を付けておきます。

※もう割れてしまったんですけどね・・・

f:id:TMY_TL-01:20210416223301j:plain

ヤスリ掛けをして手に触れても痛くない様にします

注意点は、ガラス繊維なので、カットする際にその破片を吸い込まない様にすること。

マスクとかゴーグル、換気をしてすぐに掃除機で吸い取るなど対策しましょう。

 

■本日のワード

光の神!

面白いですねコレ。

f:id:TMY_TL-01:20210416232431j:plain

反応速度(スマホ)

f:id:TMY_TL-01:20210416232447j:plain

反応速度(PC)

 

スマホは電車の揺れでたまたま38ミリ秒とか出ただけのインチキです。

 

ラジコンランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

不意の巻き込みよる壁ドン! ~なぜコースの壁にヒットするのか~

 不意の巻き込みよる壁ドン!

~なぜコースの壁にヒットするのか~

 

このところ感じてるのが、狙ったラインをトレース出来るかというものが、車の出来映えに大きく左右されること。

 

壁にぶつかる原因は、クルマがついてきてないと言いたいレベルにあります。

 

上級者並みに上手く操作出来るということではないのですが、コーナーを上手くクリアしたと思ってスロットルを引いても、クルマが内側に寄る挙動を示すことが多々ありました。

 

それは、
・リアグリップの許容範囲を越えて巻いてる途中に握り始めた
フリクションが固い、または許容範囲を越えた為、ロールが正常な範囲に戻ってない
という状態で握ってしまっているから

思ってもない方向へクルマが動き、結果として、蛇行したり壁に刺さる事になります。

 

そんな動きをするつもりはなく、なるべく丁寧に進入してじっくり待ってからスロットルを入れ始めてるのになぁ~と心の中で叫んでます。

 

コレが、顕著だったのがCalさんマウントのMM3車両。

ロールの限界を簡単に超えるというかすぐに限界まで達するロール方向の柔らかさにだったので、Tバーを

カーボンソフト⇒カーボンミドル

へ変更しました。

f:id:TMY_TL-01:20210416001442j:plain

Calさんマウント

f:id:TMY_TL-01:20210416001504j:plain

Tバーをカーボンソフト⇒ミドルに!

そしてコチラも対策。

ロール時に干渉しない様にマウント側を若干削っておきました。

f:id:TMY_TL-01:20210416001527j:plain

ロール時の干渉を防ぐために削りました

と、こんな事をやってますが、現状の実力では、ロールが限界を超えたのかタイヤグリップが限界を超えたのか、挙動を見てもどちらか分からない。

 

単純にミスをしただけかもしれないし、慣れの問題かもと頑張って周回を重ねてみるわけです。

 

やっかいなのは、ベストに近いタイムが出てしまうとツラい想いをしながら針の穴を通すようなドライビングを迫られる事になってしまうこと。

タイムもそれなりなのだが、ミスが多く楽しくないんですよね。

 

周りも悪く見えないから、アドバイスも貰えない。
なんていう悪循環に。

 

まだ滑らかなスロットルワーク、ステアリング操作には程遠いレベルだから起きてしまうのかもしれません。

 

マズは、

・グリップが限界を超えたのか

・ロールが限界を超えたのか

を感じ取れるようにしたい。

 

課題というか乗り越えないといけない壁は大きいようです。

 

■本日のワード

戦闘力がアップしたMM3

走行が楽しみです。

 

 

 

ラジコンランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

テクニカルデータからボディを検討(妄想)してみた! ~スペックと実走行の違いが大きい!~

テクニカルデータからボディを検討(妄想)してみた!

~スペックと実走行の違いが大きい!~

 

現在、走るコースレイアウトに合わせて重点的に(ココ重要です!)走らせているのが

(1)L(94mm)サイズ/ナロー/緑7T/MM2アルミ
 ※GRスープラ or R33 GT-R Vスペック or ニスモ

(2)M(90mm)サイズ/ナロー/緑7T/MM3樹脂
 ※RX-7 FD3S(ファーストミニッツ) or ポルシェ 911 GT3 RS

となってます。

 

サボっていたナロー系のセット出しと自分のスキルアップをして、ワイド系に追いつかせようという狙いです(^^;

 

なので、MサイズLサイズナロークラス公認ボディで入手できそうなのを確認してた所、今年発売のAWDのキットが3つあったので確認してみました。

 

下の画像は、京商のサイトからスクショを取りました。

※型番を付加し、横に並べてから赤枠と黄色のマーキングをして分かりやすくしています。

f:id:TMY_TL-01:20210415072805j:plain

テクニカルデータ比較!

AWDは「やらない」というか色んな意味で「手を出す余裕が無い」ので、他のキットを確認してませんが、赤枠は共通のようですね。

黄色マーキング部分は「絶対ちがうハズ!」と思いつつ、AE86はこないだ修正されてるので「間違いは無い」んでしょうね・・・きっと
tmy-tl-01.hatenablog.com

 

tmy-tl-01.hatenablog.com

 

■検討(妄想)

同じ重量で、同じ高さとなるなら、全幅が1.0mm大きく、全長が短いR32の方が良さげに思えます。

それでもAE86やR32が使われないのは、ホントに走らないからなんでしょうね・・・

AE86ホイールベースがMサイズとなりMM2モーターマウントが使えないためコーナリング速度が遅いです。

ウレタンでは、RM系のマウントはMM系に比べ限界が低く転びやすい為、握れずに姿勢が落ち着くのを待つからだと思ってます。

※何故RM系モーターマウントの方が「限界が低く転びやすい」のか説明出来ませんが・・・

R32はもっと意味不明・・・

 

■本日のワード

データだけでは判断できない!

「そういうものだ!」としておきます。

いつか理解できる日が来るんでしょうね。

 

 

 

ラジコンランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

タイヤの硬度に合わせたマーキングをホイールにしておく事でMini-Zのタイヤのコンパウンドを識別する!

タイヤの硬度に合わせたマーキングをホイールにしておく事でMini-Zのタイヤのコンパウンドを識別する!

 

残念ながら、ペラペラになったタイヤがどの種類でどのコンパウンドなのかを識別する手法ではありません。

見分けるコツなどがあるのであれば是非とも教えて欲しいです。

 

さて、表題の通りなんですけど、

ブログ「MINI-Z MANIA」

Youtubeチャンネル「Multi-hobby world」

を管理されているkaizoさんが紹介されていた手法です。

 

tmy-tl-01.hatenablog.com

 

↓は、100均(DAISO)で買ってきた油性の蛍光マーカー

f:id:TMY_TL-01:20210414001741j:plain

タイヤの識別!

20 or 30しか使わないのでセットで売っているこの2色で十分です。

40が緑なんですけど、良さげな色が無かったのとマーキングしないものが40だという認識を使用と思っています。

 

ミニッツのタイヤですが

(1)種類

ラジアル or ローハイトスリック

(2)硬度

20 or 30 or 40

(3)幅

ナロー or ワイド

なので、ホイールに油性のマジックで書きこんでいました。

 

タイヤの種類は油性マジックでRG or LHと書き込んでおこうと思います。

硬度は、色で表現するので見た目ですぐに分かるようになります。

幅を迷う人は居ないでしょう、きっと。

 

■本日のワード

便利グッズは良いね! 

 

ラジコンランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

スープラはカッコいい! ~絶版レアボディ入手!~

スープラはカッコいい!

~絶版レアボディ入手!~

 

先日、絶版レアボディを入手したので並べてみました。

オートスケールコレクションのGTカーと僕が塗装&デコレーションしたホワイトボディを比べるのはどうかと思いますが、やはり素の状態で好きなのは80スープラの方ですね。

f:id:TMY_TL-01:20210413044645j:plain

スープラ

80スープラもう1種あるのですが、そちらは置いといてカラーリング含めて好きなのがコヤツです。

ASC MR-03W-RM エッソ ウルトラフロー スープラ 2003 MZXX303EU

f:id:TMY_TL-01:20210413044658j:plain

エッソウルトラフロー!

f:id:TMY_TL-01:20210413044714j:plain

やっぱこれだね!

京商の公式サイトの紹介ページ(テクニカルデータ)から引用

<適合車種>
MINI-Z MR-03 W-RM / MA-010
<仕   様>
■Wheel Base:L(94mm)
■Wheel Off Set:F:0.5mm / R:0.0mm
■Wheel Width:F:8.5mm(N) / R:11mm(W)
■Wheel No.:MZ38S
■White Body No.:MZN111
■F.Body Mount No.:MZN111-2

となるようです。

L(94mm)で、フロントもリアもオフセット+0.0のようですね。

 

気になる重量は、43.19gとめちゃくちゃ重い・・・

f:id:TMY_TL-01:20210413050650j:plain

重量は43.19g

再販して欲しいモノです。

GTカー30g前後のボディをお願いします!

 

■本日のワード

やっぱりGTカー!

走らせるのが楽しみですね♪

コレが走ってる姿って速い遅い関係なく感動モノです。 

 

 

ラジコンランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

簡易走行レポ#129 竹川サーキット ~GRスープラで目標7.100秒台!~

簡易走行レポ#129 竹川サーキット
~GRスープラで目標7.100秒台!~

 

今回も2時間弱の時間が取れたので竹川サーキットへ行ってきました。

 

■今回のテーマ
(1)GRスープラで目標7.100秒台!
(2)タイヤを23.0mmで走ってみる!

 

(1)GRスープラで目標7.100秒台!
今回の目標がGRスープラで目標7.100秒台!だったのですが、
前回:7.485
今回:7.297
と達成できなかったもののベストラップの更新ができました。

バッテリパワー含めたクルマの調子が良くて「コーナを小さく回る」というのが簡単にできました。
今回は7.100台に入っておき、次回で6秒台という考えをしていたので、頑張って周回してみました。


(2)タイヤを23.0mmで走ってみる!

このタイヤを作った際に勘違いしてwakiの超強力両面テープを貼っていたようです。
おかげで、転びまくりました。

MM3の方はMM2に比べて限界が低い為、ベストラップ更新どころではありませんでした。

MM2の方は、アルミモーターマウントの路面に吸い付くような走りを見せてくれて、コジってムリにステアリングを切った時だけゴロゴロとなってました。
7.100秒台への壁がこの転倒でしした。

不幸中の幸いというべきなのか、タイヤの限界を意識して走る!という事を常に頭に置いて走っていたにも関わらず、ベストラップを更新できたのは良かった。

 

■今回の結果
(1)GRスープラ:258周/ベスト7.297/差 0.078
 ※ナローツーリングクラス仕様(MM2アルミ/緑7T/23.0mm以上のタイヤ)
(2)RX-7 FD3S:106周/ベスト 8.203/差 0.131
 ※ポルシェカップへ向けた車両(MM3樹脂/緑7T/23.0mmくらいのタイヤ/電飾)

 

f:id:TMY_TL-01:20210412045714j:plain

今回の結果

■今回のピット

f:id:TMY_TL-01:20210412045726j:plain

今回のピット

■今回の学び
・スロットルを抜いて、コジると転ぶ!
どちらのクルマにも共通していたのが、このスロットルを抜いた瞬間にコジると転ぶというものでした。
早めのスロットルオフからコーナーのRに合わせたステアリング操作を行いつつスロットルを僅かに残しつつ、クリップを過ぎたら握っていく。
というのが出来ると転ばずに走行できました。

これは、まさにアクセルワーク養成ギプスで学んだ事になります。
まだ完全にマスター出来ていないため何度も転んだのですが、ベストラップ更新の要因となりました。

「転ぶ」という心理から行わざるを得なかったのですが、普段からこのクルマに優しい操作を意識したいですね。

 

■本日のワード

スキマ時間を見つける!

今回の様に1時間ちょっとくらいしか走れなくても、なんとか時間作って走りに行くのは大事だと思いました。 

 

 

ラジコンランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村